今回はよくあるご質問から、

「本当に退職できますか?」

という質問に答えていきたいと思います。

退職代行に依頼するにあたって一番心配なのは、「本当に退職できるのか」と言うことだと思います。

結論は、退職できます。

雇用の期間を定めなかったときは、当事者はいつでも退職の申し入れをすることができます。この場合雇用は、退職の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。これは民法627条で定められています。

就業規則で1ヶ月前に申し入れすることと書かれていても原則民法が優先されます。

これは退職の合意が得られない場合でも退職できるということです。

しかし、依頼するにおいて「トラブルは避けたい」・「合意を得て欲しい」という思いがあると思います。

弊社では交渉することはできませんが、退職理由等をお伝えすることで退職について認めていただいております。

次に雇用の期間を定められているとき(契約社員など)ですが原則、退職することはできません。しかし「合意がある場合」・「やむを得ない事由がある場合」は期間の途中でも解除することができます。これは民法628条で定められています。

会社から指定された返却物などは会社に

郵送しましょう。バックレずにまずはご相談下さい。

現在までネルサポートにご依頼いただきましたお客様は全員が退職に成功しております!ご質問等お気軽にご相談下さい。